kusuari7777 diary

ありすの学問「 あり学」へようこそ

🌺わざわざ表現しなくても表現できてしまうもの🌺

ただ生きているだけでも人間は何かと色々なことを経験できてしまうものでその経験が個人の言動になる。そこには決まって他者との関係がありその関係性がとても重要だと気づき始めるまで迷子のようなものだったなってことを経験した。様々な種類の人間関係を経験できたのは自分とはタイプの違う人たちのグループに身を置く機会があまりにも多かったからだと思う。私の今は人間の海の中を漂流し尽くした結果なんだとつくづく思ってる。どうにか飲み込まれないでここまでたどり着いて生きているんだと感じる。その経験の中で学んだことの一つに理不尽な受け入れがたい人格の人たちへの感情の対処がある。経験が未熟だった頃の私は表向きは笑って受け流していても心の中では不満を漏らしていてそれが習慣にさえなっていた。ある頃私はそれが現実に反映されているんだと気づいて「だから現実がこうなんだ!!」と確信した。その確信を裏付ける理由は過去を振り返ってみればすぐに分かることだった。だから気づかないままで生きていた「今までの私のようには生きられない!!」と思う新しい考え方の私が物凄いスピードで登場してしまった。私はすぐに心の中で言ってしまっていたネガティブな言葉を言わないように心がける習慣を身につけようと努力した。つい言いそうになった時には「なんとも思わないなんとも思わないなんとも思わない…」と繰り返し言い続けて心の中を鎮めた。心の中で愚痴や文句を言わないだけで生きる環境がだんだん変わっていくのを体験してしまった私はその波に乗っていつもご機嫌でいられるようになった。私の性格が変わるチャンスは私に十分な準備ができるまで形になりたくても形にはなれずにいたに違いない。この私のチャンスは様々な経験を積み重ねてある地点に到達したからやっと形になれたチャンスだったのか?と思う。そう考えると知らないままで過ごしていた悩める日々はたくさんの経験を私にさせるために必要だった時間になる。私は人よりもペースがゆっくりだからこんなに時間が必要だったのか?と疑問も浮かぶ。それよりも何よりも私は幼少期から内向的だったから経験値を上げるために時間ばかりかかってしまったんだ。もしも私が幼少期から天真爛漫で物怖じしない子どもだったらそれはそれはたくさんの経験をしていただろうからものすごいスピードで自分の環境を変えることができていたんだろうなと思える。だけどそんな「もしも」なんて考えても今さら仕方がないから私の今までのことを私が認めてしまえば許してしまえば「これでいいんた!!」って胸を張れるまでの激しい感情はないにしてもスッと胸に染み込む感情があるのがわかる。だからこれでいいんだって私は私のためにそう思えることが自然でホッとすることなんだと普通に思えるのが心地良いんだと感じるから私はこれからも心の赴くままの私のペースを大切にしていく。

 

🌺実るほど頭を垂れる稲穂かな🌺

中高生時の部活の上下関係が苦手だった私は社会人の上下関係がやっぱりなんだかあんまり受け入れられなくて変なのって思っていた。今も同じで別にその関係がなくても社会は成り立つと思うからそれを放棄して誰とでも分け隔てなく対等でいたいと思っているからそのようにしか振る舞えない。相手と対等な立場で話ができる方が物事は常にうまくいくと思っているので上下関係を当たり前にしている今の時代遅れな社会がなくなればいい。自分から相手との差をわざわざ作ることもなく本音と建前が前提の関係を築かなければ個人的にも社会的にも多くの問題が片付く。差を認めて歩み寄っての正直な対話ができる関係では双方に争いから遠ざかるための配慮がある。そして対立をする気がない人は相手が対立してきても争いに発展することもなく相手だけが熱を上げている状態になる。これからの社会の在り方は若い魂の持ち主たちがリーダーだった時代を終わらせ古い成熟した魂の持ち主がリーダーになる時代でもうすでに始まっている。

🌺変化し続ける世界から受け取るもの🌺

ソクラテス曰く…「ただ生きるのではなくよく生きること」とある。ソクラテスの生きた時代背景は現代よりも緊張感にあふれていた。己の生存のための目先の利益のために簡単に悪に染まっていた人間をソクラテスはずっと観察していたのかもしれない。善いことをする者はバカにされそうでないものが利口だと褒められていた社会の在り方をソクラテスはどのような目で見ていたのだろうか。金・物・権力などで生存(ただ生きること)の意義をより満たすことに夢中になっている人間のドラマを魂の目で見ていたソクラテスはその時代ならではのやり方で最期を迎えてしまう。古い時代ではジャンヌダルクのような最期だってあったり魔女狩りなんてものまであったりして今を生きる私にはびっくりすることばかりが現実に起こっていたんだからますますびっくりしてしまう。その時代と比較すれば今はとても平和な時代だと言える。スピリチュアルに関心があってスピリチュアルなことをしていても命を奪われない時代だし絶対的な宗教なんてないから異端だとしても何もされないし追われる立場でもない。地球はどんどん愛にあふれた惑星になって平和になっているのだから何があったとしても大きな流れの中で宇宙的に見てみればこれでいいんだと思う。

🌺情報開示が始まった世界を具現化へ🌺

加藤官房長官は6月28日の記者会見で未確認飛行物体(UFO)への対応ついて「我が国の防衛、警備に影響を及ぼす恐れがある情報を得た場合は適切に対応する。空中における識別不能の物体でも同様だ」と述べた。米情報当局は米軍などが2004年以降に報告した目撃情報144件のほぼ全てが正体不明だとする報告書を公表した。加藤氏は政府として調査するかどうかについては明言を避けた。「残念ながら私は遭遇したことも目撃したこともない」とも語った。UFOへの対応では20年4月当時の河野防衛相が「万が一遭遇した時の(自衛隊としての)手順をしっかり定めたい」と述べたことがある…☆読売新聞より☆

もう世界中で目撃され続けているからUFOが当たり前に飛行している世界があるのは確実。私は何回も目撃しているからその時々に感じ取れることは「優しさにあふれている存在」だということ。絶対に攻撃なんかしてこないしむしろ私を助けたいと思う崇高な意識を感じた。とてつもない安心感を残していつもあっという間に飛び去ってしまう。あの方々がいるから私は大丈夫だし地球も大丈夫なんだって信頼できるポカポカした気持ちにさえなるからその存在たちが愛にあふれていると当たり前に感じる。

🌺医食同源と現代食と意識の高まり🌺

口から入れたものは身体に直ぐに作用するものとそうでないものとがある。そうでないものを長期間摂取し続けると…漢方薬だと体質改善が望め西洋薬だとずっと摂取し続ける意識になってしまうが治らないケースが多い。なので西洋薬は必ず副作用があるのでずっと飲み続ける薬ではないということを知っていなければならない。飲み続けた西洋薬を飲まなくなると心と身体は健康になれる場合が多い。食事に置きかえると自然に近いものを食べ続けていれば健康を保て自然治癒力も高まるけれど加工食品の添加物を食べ続けていると身体だけでなく精神も安定しなくなる。食事は身体だけではなく精神にも影響している。だから毎日食べ続ける食事を見直してみるだけで心も身体も元気になれる。ハーブやスパイスや塩・味噌や醤油やお酢の発酵食品等々を利用するだけでも心身ともに健康が期待できる。あとは調理方法をとてもシンプルにするだけでも健康への近道になる。プチ断食とかは内臓の機能が正常に戻ることにも繋がる。化学的なもを摂取しない食事への意識は近年では世界的にも高まっているので普通のスーパーでも色々なオーガニック食材も買える時代になっていて何かと便利。少し高くても治療費や薬代やサプリ代の支払いよりも安いと思う。心が元気だと病気になりにくいからまずは心の健康のためにハーブーティーを飲んだり普段の食事にハーブやスパイスを振りかける習慣を取り入れたりして頑張らないで健康になれればいいと思う。植物のパワーでデトックスができる食事療法はとっても簡単でみんなにおすすめしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🌺ピースワンコ・ジャパンの取り組み🌺

数年前から私はピースワンコ・ジャパンさんの活動を応援しています。広島から「私たちは殺処分ゼロを日本全国へ広げ実現させていきます」と宣言している。今回その活動の支援は石神高原町の「ふるさと納税」というチョイスもあることを知りブログで紹介したくなりました。ふるさと納税は私が「いつかは体験してみたい」と思っていたことだったので今日早速ネットで実行してみたらとても簡単で思いがけず経験できて少し嬉しかった。「ピースワンコ ふるさとチョイス」で検索して返礼品を選んで必要事項を入力して(私は)カード払い。寄付金の93%がピースワンコ・ジャパンさんへ7%が町の事業に活用されるとのこと。なんて簡単な世界で私たちは暮らしているんだろうといつも思う。技術の進歩はこれからますます私たちに簡単で素敵な世界を提供し続けてくれると思うとホントにワクワクする。ご興味のある方ばぜひ。

🌺コントロールしない教育が未来的🌺

7月6日「文部科学省は小学校入学時の学習態度や学力の差をなくそうと5歳向けの共通教育プログラムを作る方針を決めた」という記事を新聞で読んだ私は時代に逆行していることに気がつかない古いタイプの人たちが考えついた提案だとまた思ってしまった。古い考え方をもう受け入れられない人やしうんざりしている人だって増えてきているからその人たちが喜びそうな方針をたまには打ち出してくれれば最高に嬉しいのに。組織に馴染んでいる大人にとってはコントロールすることもされることも普通なんだろうけどその大人が考え出した枠組みの中での教育は昔から「なんか変なの!!」って思う。個性を活かせる自由な教育が出現すれば「差をなくそう」なんて発想が初めからないしね。二元性にとらわれた教育が終わってしまえば「差はあって当たり前」が普通でしょ。みんなそれぞれ違うけれどそれを認め合って許し合える社会に世界的に変わっていく未来があるから様々な活動が地球規模で起こっているんだからさ。政府って「それへの抵抗が根底にあって機能していない方がいい」からへんてこりんなことをもうこれ以上しないでほしい。因みに私にとって強烈にへんてこりんなことは「安部のマスク」。税金の流れを想像すると絶対に実行して欲しくなかったのに簡単に実行できたから政治って不思議だと思う。あと政治家にも定年があれば面白いのにって思ったりもする。でも次元がどんどん上昇している惑星地球では周波数の高い在り方しか存在できないからへんてこりんな思想はどんどん消えていく運命。みんな統合へ向かっているから安心安全の世界で遊ぶよう暮らせる日がいずれ訪れる。最後にSNSで「これはちょっと残念ですね。同級生は同じペースで成長すべきなんて古い教育観からは早く脱却すべきだと思っています。差をなくそうとするからついていけないとか落ちこぼれるという問題ができるわけで自分のペースで安心して学べる環境が大事でしょ…。」を読んで発信することは大切なことだなと思い私も同じ記事の意見を発信してみたくなったから世界のきっかけはいつも些細なことなんだよなと思った。