kusuari7777 diary

ありすの学問「 あり学」へようこそ ✨著書 「捧げたかった…。-twin soul fantasy- 」by リラン✨

🌺自意識過剰をやめるとハイアーセルフは喜ぶ🌺自意識で隠されていた自分を探す作業は貴重な経験🌺みんな自意識がない世界から生まれたのにいつの間にか自意識で雁字搦めになってしまった🌺解き放つことができるのは自分の意志という意識だけ🌺

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 楠川ありす ALICE KUSUKAWA (@kusuari7777)

🌺善いも悪いもない世界での意識の成長🌺

自分は善いと思ったことが他者が善いと思っていない場合がある。そして一年前は善いと思っていたことでも違った意見になっていたり違った考え方になってしまっている自分がいたりもする。民主主義は多数決で決める。多数決で決まったことがその時点での善ではない場合は時間を経て問題が浮かびあがったりする。ちなみに権力の関係で多数決で決まったことが一言で覆されることだってある。多数決で決まったことが全てその時の最善であれば時を経ても何も問題が起きない。人々は外的刺激の影響で意識は変化し続け意識の変化によって主張もその都度変化し続ける。経験による成長をすべての人が経験し続けているのだから仕方がない。「あの時は〜〜〜だって言っていたのに」と誰かに責められても色々と経験したから意識が成長して意識が変化したんだと思うしかない。「あぁ〜そう言えばそんなこと言っていたかも」って懐かしく思い出すかもしれない。世界も変化し続け自分も変化し続け時代も変化し続け景色も変化し続け情報も変化し続け…何もかもが変化し続けることだけは永遠に変わらない。だからその人の意志でどんどんと新しい意識に塗り替え続けられるのが人生の醍醐味。まるで意識とは育て甲斐のある生き物みたいだ。人間の身体は食べ物や運動で成長させられ生涯日々変化している。だからどう身体を成長させたいかで食べ物や運動を意識で選択している。その選択には意志という意識が働く。でも特に食べ物や運動を意識していない人もいるけれどそこにも意志という意識が存在する。その意識を成長させるためには何が必要なのか。意志という意識は行動の結果の経験値に基づいて機能している。だから意志という意識を成長させるためにはとにかくより多くの行動をするしかないし経験を積むしかない。そしてその意志という意識は自分のものである必要がある。決して何者かに魂を売り渡してはいけない。

🌺他者のために尽くし続けたりお節介を焼き続けたりすると自分のことがおろそかになる🌺今度は自分に尽くしたりしてバランスを保つことを覚えたりする🌺バランスの取れている自分は他者を思いやることができる🌺思いやるとは他者が一人で生きていけるようにしてあげること🌺他者のやるべきことを他者から奪わないということ🌺尽くすこととお節介に隠れているエゴは他者のためにはならないのだから🌺

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 楠川ありす ALICE KUSUKAWA (@kusuari7777)

🌺謙虚で善人であればあるだけ宇宙存在がちやほやしてくれる🌺見えない応援団はパワフルさで応えてくれる🌺それはエゴに囚われないだけで何も問題のない時空で生きられるということ🌺

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 楠川ありす ALICE KUSUKAWA (@kusuari7777)

🌺私が私らしく生きているだけで🌺あなたがあなたらしく生きているだけで🌺あらゆるものに善い影響を与えすべてに共振する🌺それを宇宙は喜ぶ🌺

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 楠川ありす ALICE KUSUKAWA (@kusuari7777)

🌺理想の自分を作り込むのには努力が必要🌺ありのままでいるのは努力はいらない🌺でもありのままでいる自分からエゴを取り除く作業に努力が必要🌺

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 楠川ありす ALICE KUSUKAWA (@kusuari7777)

🌺今年で10回目を迎える「国際ガールズデー」🌺

私は2015年10月から「プラン・インターナショナル・ジャパン」さんを応援しています。私の人生の節目となったこの年のこの月から始めた応援は自分自身への応援でもありました。そしてプランさんを通して「国際ガールズデー」というものがあるのも知りました。もともと私がプランさんに関心を抱いたのは私の幼少期の生活環境から得た経験からでした。そしてプランさんのおかげで日本だけに目を向けていたのでは分からない情報に改めて驚かされました。私は世界中の女の子の人権が守られる新しい在り方の未来の出現を信じ続けます。時代は常に善い方へ流れ続けているので私の祖母や母が若かった時代よりも女性の社会的立場は改善されています。未来には男女平等という言葉さえ古臭い言葉になる時代があるに決まっていると思っています。すべての人々の人権が守られる世界を目指して世界の意識の高さは動き続けています。